《特集》髪も日焼けする・・・これって本当?


答えは・・・本当!実は髪のダメージのほとんどは紫外線が原因なんです。

えー!?とびっくりされた方!縮毛矯正やパーマ、カラーだと思っていた方も多いのでは?

紫外線対策さて、そろそろ暖房器具を片付け、冬物から夏物へと衣替えをの季節です。

紫外線対策はしかりしていますか?顔や首、手足など見える所には日焼け止めつけている。素晴らしい!でも髪は・・・?そうなんです!全然対策していない!!そんな方が多いんです。
髪も日焼けをする(紫外線によって受けるダメージがすごく大きい)ことを知らない人も意外に多いようです。

そもそも髪って日焼けするとどうなるの???

キューティクルがはがれやすくなる
髪が乾燥しツヤがなくなり、パサつきが多くなる
髪の柔軟性がなくなり、切れ毛や枝毛が増える
紫外線がメラニンを分解するので、髪の色が褪せて赤茶けた色になる
カラーの色も落ちやすくなる
髪の老化が進行し、抜け毛や薄毛、白髪が増えやすくなる

体の中で一番太陽に近い位置にある頭皮や髪の毛が受ける紫外線量は、顔に比べて3〜5倍以上の量だといわれています。その割に上記でも書きましたが髪や頭皮の日焼け対策に気をつけている方は、意外と少ないようですね。

では具体的にどのような対策をとれば良いのか?

帽子をかぶる
日傘をさす
UVカット機能つきのスプレー、トリートメントやスタイリング剤を使う
紫外線が強い時間帯の外出を避ける。

中でもおすすめなのが【UVカット機能つきのスプレー】スプレータイプなので手軽にお使い頂けますし、香りのいいものも多く出ています。日焼け止めスプレー以外にも、最近は洗い流さないトリートメントやスタイリング剤にもUVカット機能をつけているものがあるので、スプレーが合わない方はそちらで合うものを探してみるのもGOODです(^_-)-☆

髪のダメージで印象はガラリと変わります!

今年の夏は誰もが羨むサラサラツヤツヤな髪を手に入れましょう!

UVスプレーを見る